IR情報株主・投資家の皆さまへ

中期経営計画 (2015年3月期~2017年3月期)

基本方針

基本方針

全社総合戦略

MARKET CREATION

高付加価値製品の市場投入
「安全・安心・快適」を提供するベスト・ソリューション・パートナーとして、高付加価値の新製品を市場に投入します。
海外展開の加速
販売・サービス拠点の拡充により、海外展開をより一層推進します。
MRO強化
有望市場において、MRO※体制を構築・強化し、販売後のサービス提供により収益性の確保を目指します。※MRO: Maintenance, Repair, Overhaul
ブランディング強化
優秀な人財の確保に向け、「ナブテスコ」ブランドの強化・浸透を図ります。

TECHNOLOGY INNOVATION

開発推進
多様なニーズに対応する製品のスピーディな提供、創造性に富んだ提案型ものづくりに向け、自社開発および共同開発(海外大学との共同研究等)を推進します。
グローバル生産の加速
グローバル生産体制の構築による「地産地消」のものづくりを確立します。
国内工場のマザー工場化
グローバル生産体制を支える国内工場の近代化を推進します。

FINANCIAL STRATEGY

資産効率の追求
資産、資本効率(ROA、ROE)を意識した経営を推進し、着実なキャッシュの創出を目指します。
財務レバレッジの活用
デット調達(銀行借入+普通社債)の実施により、信用格付け※シングルA格の維持を目指します。
※R&I・JCRによる格付け
株主還元の向上
1株当たり当期純利益の継続的な拡大による増配を目指し、連結配当性向を30%以上とし、連結配当性向が40%を超えない限り減配しないことを新たな配当方針とします。

計数計画(2015年3月期~2017年3月期の中期経営目標)

計数計画(2015年3月期~2017年3月期の中期経営目標)

2017年3月期までにEPS190円をめざす

※ 決算期変更により、「2015年12月期計画(参考)」として示す数値は、「2015年3月期実績」に対して、同条件で比較を行うため、比較対象期間を同期間(12カ月間)に置き換えて算出した数値となります。(当社および連結国内子会社は2015年4月~2016年3月まで、海外連結子会社は2015年1月~2015年12月までを「2015年12月期(参考)」とします)

さらなる事業規模拡大・収益性の追求

  • 売上高営業利益率(%)

    売上高営業利益率(%)

  • 当期純利益(百万円)

    当期純利益(百万円)

資産・資本効率を意識した経営の推進

  • 総資産当期純利益率(ROA)(%)

    総資産当期純利益率(ROA)(%)

  • 当期純利益率(ROE)(%)

    当期純利益率(ROE)(%)

成長性を考慮した企業収益の配分

  • 配当性向(%)

    配当性向(%)

(注)本中期経営目標は決算期変更前の2014年5月に発表し、2017年3月期を最終年度として策定したものです。2016年度(2016年12月期)の計画については、2015年12月期の決算短信「2016年12月期の連結業績予想」および決算短信添付資料をご参照ください。