事業紹介

新エネルギー機器新エネルギー機器

太陽熱発電

太陽の動きを的確に追いかけるテクノロジー

太陽の動きを的確に追いかけるテクノロジー

小学校の理科の授業で、日光を鏡に反射させ熱を起こす実験があったのを覚えているでしょうか。想像してみてください。日光を1km以上離れた所まで鏡で反射させるとしたら…。大きな鏡を太陽の向きに合わせて逃さず取り込み、標的に命中するように反射させなければなりません。
 ナブテスコが提供するのは、タワー方式の太陽熱発電プラントに設置される反射鏡(ヘリオスタット)を、太陽の動きに合わせて追尾させ、中央タワーへ集光させるための太陽追尾駆動装置。太陽の動きを追いかけ、その熱を余さず取り込むための技術です。つねにタワーの集熱部分に向けて日光を反射させるため、動作精度が鍵となります。また太陽熱発電プラントは砂漠に建設されることが多く、突風に対する耐衝撃性も重要。産業用ロボット分野で培った高精度、高剛性、高効率な精密減速機を活用することで、太陽を正確に追尾し、しかも衝撃にも強い、安定した発電量を支える装置の提供を実現しています。

Products - 主要製品 -

風力発電

風の状況に応じて風車を最適にコントロール

風の状況に応じて風車を最適にコントロール

遠くから眺めれば吹く風にまかせて、ゆったりと回っているように見える風車。しかし、風力発電の風車の回転には、最適な発電のためのさまざまなテクノロジーが投入されています。つねに変化する風の強さや向きに対して、風車を一定の回転数で回さなければなりません。また高い所と低い所では風の強さが違うため、回転する羽の位置によって受ける風圧も変わります。ナブテスコは、風の状況を瞬時に捉え、風車の回転を制御する駆動装置を提供しています。
 まず、風車の首もとにある「Yaw駆動装置」。これは風向きに応じて風車の向きを回転させるものです。たとえば、低風速の日でも最も風を受けやすい位置に旋回する仕組みが取り入れられています。もう一つは、風速に応じて三翼(羽)の角度をコントロールし、発電を制御する「Pitch駆動装置」。いずれも産業用ロボットの減速機技術をベースに開発された製品です。風車は、台風など暴風の影響を受けやすいため、できるだけ強く、軽いものが求められます。ナブテスコ独自のギア機構の応用は、優れた剛性、ローバックラッシュ、小型軽量化を実現し、国内外の市場で評価を得ています。

Products - 主要製品 -

ナブテスコの事業について、
もっと詳しく知りたいなら!

ナブテスコ株式会社 会社案内(1.2MB)

クリックするとダウンロードできますクリックすると
ダウンロードできます

X

太陽追尾駆動装置

太陽追尾駆動装置

正確に太陽の動きを捉える、高精度の駆動装置。衝撃に強く、突風などにも安心です。また駆動電力を最小限に抑えられ、メンテナンスレスのため、ライフサイクルコストも抑制できます。

Yaw駆動装置

Yaw駆動装置

RV機構による高剛性と高負荷特性を有する駆動装置。低温、高温、塩害地域など、厳しい自然環境でも使用可能です。ローバックラッシュの特性によって風車のフィールド寿命を延ばします。

Pitch駆動装置 風力発電器用システム機器

Pitch駆動装置 風力発電器用システム機器

Pitch駆動装置は、高精度のブレード制御を実現。コンパクトサイズのため、メンテナンスとオイル交換の際の作業が容易です。また、風車の駆動制御において高い発電効率を実現します。