知的財産戦略

長期ビジョン実現に向けた知的財産活動

当社は、長期ビジョン実現に向けた事業戦略に即した知的財産を推進しています。特に、各事業部門に対して、その競争力の源泉であるコア価値(コアコンピタンス)の強化と知財武装をグローバルに展開する知財戦略ロードマップを策定し着実に活動を進めています。また、新規の事業創造や市場探索に向けて、特許情報をグローバルに調査しマクロ分析することで、ターゲットを明確化し効果的な技術マーケティングを追求しています。さらに、当社の信用が集約されるブランドを確実に権利保護し、適正な使用、模倣品排除を図ることで、当社の企業価値の向上につなげています。

ナブテスコグループの知的財産活動

ナブテスコグループの知的財産活動

「コア価値力」の倍増化戦略
〜コア技術情報管理と知財武装の戦略的な活用〜

事業のコア価値力の分析と、その強化策を策定・実行することにより、企業価値(知的資産)の増大と、ブランド力向上を図り、事業競争力向上に努めています。
 また獲得した企業価値が棄損されないように、リバースエンジニアリングでは分からない重要技術についてはノウハウとして徹底的な秘密情報管理を行い、それ以外の重要技術は、特許等の知的財産権を積極的に取得することで保護を図っています。

「コア価値力」の倍増化戦略

「コア価値力」の倍増化戦略

技術マーケティングによる新事業創造

当社製品が使用される設備やシステム全体に関する特許をグローバルに調査し、顧客のニーズや技術動向をマクロ分析しています。この分析結果は、新事業テーマ・市場の探索や開発テーマの検証、協業先の探索など、将来事業の方針設定や他社連携のために活用しています。

技術マーケティング事例(市場ニーズの探索)

技術マーケティング事例(市場ニーズの探索)

知財インテリジェンス ~競争力強化策の策定~

当社では、競争力強化策の策定にあたり「知財インテリジェンス」を駆使しています。具体的には、まず各事業部門の現在のコア価値を、事業および知財の両面から、顧客ニーズへの対応度合いや競合に対する競争力を比較分析します。その分析結果を踏まえ、現在のコア価値と将来あるべきコア価値とのギャップを認識した上で、コア価値の強化・獲得策を策定し、事業競争力の維持・向上を図っています。
 組織的には知財強化委員会(全社横断的な知財戦略検討機関)が事業部門におけるコア価値の強化に向けたアイデア開発手法の導入や技術開発の方針策定を支援しています。さらに、知財活動の面からM&Aや提携など「技術契約戦略」をリードし、知財創造と権利確保の加速、技術法務による知財リスクの低減を推進しています。

知財インテリジェンス活用によるコア価値の強化

知財インテリジェンス活用によるコア価値の強化

知的財産戦略の全体像 ~コア価値の強化策~

当社は、各市場に関する技術マーケティングの結果を活用するとともに、知財インテリジェンスを駆使して各事業の知財戦略を策定しています。知財戦略は、その実行計画である知財戦略ロードマップ(RM)に沿って計画的に実行され、その結果を評価・見直しするPDCAサイクルを実行しています。
 また、知財戦略委員会が個々のコア価値の部門横断的な活用可能性を調査・分析し、各市場への適用や新事業化を探索しています。このような戦略的な知財活動を通じて、事業部門間でのコア価値のシナジー創出を推進しています。

知的財産戦略の全体像

知的財産戦略の全体像

市場シェアNo.1を支える知財活動
—特許シェアもNo.1、グローバルな知財活動を推進

現在までの継続的な知財活動の積み重ねによって、精密減速機を代表とした市場シェアNo.1を持つ当社製品のほとんどは、特許シェアでもNo.1となっています。長期ビジョンの実現に向け、海外売上高比率の上昇に伴い、海外市場においても特許シェアNo.1を目指し、計画的な知財活動をグローバルに展開し、それを基礎にした市場シェア獲得を推進していきます。

ナブテスコグループの
成長戦略

冊子版PDFのダウンロード
TOP