セグメント情報

  • 精密機器事業

    PRECISION EQUIPMENT SEGMENT

    精密減速機事業
    新エネルギー機器事業

  • 売上高構成比 23.5% 2015年3月期 実績

精密機器事業の受注高は、前期比23.6%増加し549億円となりました。売上高は前期比20.3%増加の515億円、営業利益は同31.4%増加し83億円となりました。
 精密減速機は、産業用ロボット、工作機械およびその他FA向けの増加により増収となりました。
 次期は、参考値ベースで増収増益となる見通しです。

2015年3月期実績と計画/事業別売上高の実績と計画

  • 輸送用機器事業

    TRANSPORT EQUIPMENT SEGMENT

    鉄道車両用機器事業
    商用車用機器事業
    舶用機器事業

  • 売上高構成比 27.9% 2015年3月期 実績

輸送用機器事業の受注高は、前期比13.5%増加し647億円となりました。売上高は前期比16.6%増加の613億円、営業利益は同79.0%増加の113億円となりました。
 鉄道車両用機器は、海外向け売上の増加、補修部品需要の増加により増収となりました。商用車用機器は、海外でのトラック需要が減少したものの、国内需要が堅調に推移した結果、横ばいとなりました。舶用機器は、国内外造船所での潤沢な手持ち工事量を背景に増収となりました。
 次期は、参考値ベースで増収増益となる見通しです。

2015年3月期実績と計画/事業別売上高の実績と計画

  • 航空・油圧機器事業

    AIRCRAFT AND HYDRAULIC EQUIPMENT SEGMENT

    航空機器事業
    油圧機器事業

  • 売上高構成比 21.8% 2015年3月期 実績

航空・油圧機器事業の受注高は、前期比3.2%減少し513億円となりました。売上高は前期比8.9%減少の478億円、営業利益は同74.2%減少し9億円となりました。
 航空機器は、民間航空機向け売上の拡大および為替効果により増収となりました。油圧機器は、中国における建設機械需要減の影響により減収となりました。
 次期は、参考値ベースで増収減益となる見通しです。

2015年3月期実績と計画/事業別売上高の実績と計画

  • 産業用機器事業

    INDUSTRIAL EQUIPMENT SEGMENT

    自動ドア事業
    包装機事業

  • 売上高構成比 26.8% 2015年3月期 実績

産業用機器事業の受注高は、前期比2.3%増加し605億円となりました。売上高は前期比8.5%増加の588億円となりましたが、営業利益は同17.5%減少の29億円となりました。
 自動ドアは、国内外市場での堅調な需要推移と為替効果により増収となりました。包装機は、国内外での売上が堅調に推移し増収となりました。
 次期は、参考値ベースで増収増益となる見通しです。

2015年3月期実績と計画/事業別売上高の実績と計画

ナブテスコグループの
成長戦略

冊子版PDFのダウンロード
TOP