鉄道車両用機器事業

2015年3月期および2015年12月期(参考値)見通し

2015年3月期は、中国高速鉄道向けおよびMRO(Maintenance, Repair, Overhaul)売上が増加し、売上高は312億円となり、前期比で増収となりました。2015年12月期(参考値)は国内新車向けで減収を見込むものの、引き続き、中国鉄道およびMRO拡販により増収となり売上高は331億円となる見通しです。

「セグメント情報」輸送用機器セグメントの業績実績と計画

強みの源泉

1925年に当時の鉄道省からエアブレーキ装置の初受注以来、ニーズの変化に合わせ、ブレーキの各機構をユニット化することにより、省スペース化に貢献するなど、高信頼のブレーキシステム提供を通じて蓄積した技術力がナブテスコの強みです。また、社会インフラである鉄道車両用機器には、高い安全性と信頼性が求められます。そのため、長年にわたり顧客満足度を追求し、構築してきた顧客との信頼関係もナブテスコの強みであり、それが継続的なアフターサービスの提供にも繋がっています。

事業環境(機会とリスク)

日本市場は置き換え需要を中心として、今後も安定的な推移が見込まれます。中国高速鉄道市場は成熟化する見通しですが、生活の利便性改善や環境汚染問題の解消等を目的として、地下鉄需要については今後も伸長すると期待されます。ただし、中国高速鉄道の国産化は潜在的なリスクと考えられます。一方、欧州市場は、引き続き安定成長が見込まれているほか、東南アジア市場での日本の車両メーカーによる受注活動の活発化も好機と捉えられます。 鉄道産業の市場規模(地域別) 鉄道産業の市場規模(セグメント別)

中長期の成長に向けた取り組み

世界に点在する有望市場に効果的かつ効率的に対応するため、日本・中国・欧州の三極体制での最適な開発、調達、生産を進め、全方位的にビジネスを拡大していきます。特に、世界最大の鉄道市場である欧州においては、現地拠点の活用により新規受注を獲得し、次期中期計画期間における躍進を目指します。
 国内で蓄積した実績・技術力と現地ネットワークを活用し、中国地下鉄向けを拡販するほか、引き続き顧客満足度の向上に注力し、ナブテスコへの信頼を軸として、日本および中国でのMROビジネスの拡大を図ります。また、東南アジアにおける中古車両市場についてもMRO需要の獲得に継続的に取り組みます。

FACTSHEET

主要顧客(敬称略)

JR各社、私鉄各社、川崎重工業、中国高速鉄道・都市交通向け 他

生産拠点(2015年3月期末時点)

兵庫県神戸市、中国江蘇省、イタリア

市場占有率

鉄道車両用ブレーキシステム:国内シェア約50%
鉄道車両用ドア開閉装置:国内シェア約70%

事業発展

1925年、旧ナブコの前身となる日本エヤーブレーキ株式会社が設立され、同年、鉄道省からのエアブレーキ装置を受注したことが鉄道車両用機器事業の始まりです。
 1960年代は、東京オリンピックの開催に向け新幹線の開業や都市圏鉄道網の整備が進展するなど鉄道車両の高速化・大量輸送が幕開けした時代であり、高速走行においても安全性を第一とする高信頼性のシステム(自動列車制御方式)や、電気指令式ブレーキを開発しました。さらに、都市部交通渋滞緩和のため地下鉄の建設が相次いだことと歩調を合わせ、市場が拡大してきました。
 その後、ハードを中心とした製品開発から、システムを中心とした提案型商品開発へとビジネスモデルを転換し、事業拡大に取り組んでいきました。
 2000年代以降は、中国や台湾での高速鉄道や地下鉄等へ進出したほか、2013年にはイタリアの鉄道車両用ドアメーカー (現Nabtesco Oclap S.r.l.)を買収し欧州を含む世界へと事業を拡大しています。

1925年
鉄道省からエアブレーキ装置を初受注
鉄道車両用エアブレーキ装置の製造・販売を開始(旧ナブコ)
1998年
鉄道用車両機器の神戸工場を移転新設(旧ナブコ)
2011年
中国に「江蘇納博特斯克今創軌道設備有限公司」を設立
2012年
IRIS(国際鉄道産業標準規格)の認証取得
2013年
イタリア鉄道製品メーカーOclapを買収、「Nabtesco Oclap S.r.l.」設立
英国の都市間高速鉄道(IEP)車両向け「空気式ドアシステム」を受注
2014年
Bombardier Transportationから日本初の「鉄道車両用運転室ドアおよび車内ドア」のグローバルサプライヤーに認定
2015年
Siemens AGよりフランス・レンヌ地下鉄向け乗客用ドアを受注

MAIN PRODUCTS

  • ユニットブレーキ

    従来の基礎ブレーキ装置の機能をそのまま一体構造化し、さらに自動隙間調整機構を内蔵。小型軽量化、保守の簡易化、騒音対策およびブレーキ効率の安定化を実現しています。

  • 鉄道車両用 ブレーキ制御装置

    電気指令式エアブレーキシステムの中枢を担うブレーキ受量器と、常用・非常ブレーキ用のブレーキシリンダー圧力を出力する空気ブレーキ関連弁類をユニット化した装置です。

  • 鉄道車両用ドア開閉装置

    新幹線をはじめとする高速鉄道、通勤形電車、LRV(超低床式路面電車)まで、あらゆる用途の車両に適応したドア開閉装置をラインアップ。さまざまなタイプのドアシステムを網羅しています。

社会に役立つナブテスコ 鉄道車両用機器

ナブテスコグループの
成長戦略

冊子版PDFのダウンロード
TOP