油圧機器事業

2015年3月期および2015年12月期(参考値)見通し

2015年3月期は、中国における建設機械需要減少の影響により売上高は前年の326億円から271億円へ減収となりました。2015年12月期(参考値)は、中国における建設機械需要の低迷は継続するものの、ハイエストコーポレーションの買収に伴う売上増により増収の見通しです。

「セグメント情報」航空・油圧機器セグメントの業績実績と計画

強みの源泉

減速機、油圧モーター、駐車ブレーキなどを一体化した走行ユニット「GMシリーズ」は、コンパクトなサイズで大きなパワーを生み出す効率のよさに加え、耐久性と信頼性に優れ、ナブテスコ製品の特長となっています。1977年の量産開始以来、「GMシリーズ」は顧客に広く支持され、ナブテスコブランドの構築に大きく貢献しています。また、国内垂井工場では高度な機械加工技術を蓄積しているほか、高い自動化率を実現しており、マザー工場として強みを生み出す源泉となっています。

事業環境(機会とリスク)

  • 最大の建機市場である中国は依然として低迷していますが、中期的には回復することが期待されます。建機業界におけるハイブリッド化やICT化など、新たな付加価値創出の動きも、成長機会に繋がると捉えられます。一方で、中国をはじめとする新興国市場の景気回復が遅れ、建設機械の主な用途であるインフラ整備需要などが引き続き縮小する場合や、ハイエストコーポレーションとのシナジー効果発現に想定以上の時間がかかる場合には、目標達成に遅れが生じるリスクがあります。
  • 中国油圧建設機械販売推移
    (外資および国有)

    出典:中国工程机械工業協会

中長期の成長に向けた取り組み

ハイエストコーポレーションの買収により獲得した製品ラインアップをもとに、これまでのコンポーネント単体での販売から、最適な油圧システムの提案とそれを実現する油圧機器のセット販売へ移行し、潜在的な顧客ニーズへの対応および更なる付加価値の創出を図ります。また、建機市場における需要変動のリスクに対応するため、当社の強みを生かした新たな製品市場を開拓するとともに、日本、中国、タイの拠点で最適生産を行い、経営環境の激しい変化にさらされても、柔軟に対応できる体制の構築を推進します。

当社油圧機器部門の成長マトリクス

M&Aに伴うショベル向け製品ラインアップの拡充

FACTSHEET

主要顧客(敬称略)

コマツ、コベルコ建機、クボタ、住友建機、日立建機、
Sany、Zoomlion、Xugong Excavator、Liu Gong 他

生産拠点(2015年3月期末時点)

岐阜県、中国上海市、中国江蘇省(上海工場に統合予定)、タイ

市場占有率

パワーショベル用走行ユニット:世界シェア約30%

事業発展

油圧機器事業は旧帝人製機と旧ナブコが共通して有していた事業です。旧ナブコの油圧機器事業の起源は1930年代に遡り、建設機械・特装車用のみならず一般産業装置用の油圧機器を豊富に揃えていました。また、道路清掃車の国産化にあたり、小型の多連型コントロールバルブを開発し、それが現在のコントロールバルブの原型となっています。
 一方、旧帝人製機は1961年に垂井工場を設立し油圧機器事業に進出しました。しかし、当時の主力製品であった油圧モーターの競争力は十分とは言えず、新製品の自社開発を進めました。そして新たに開発された走行ユニット「GMシリーズ」は、油圧ショベル用走行駆動装置に必要な4つの機能(油圧モーター・減速機・バルブ・パーキングブレーキ)を一体化し、かつショベルのクローラーシューの幅内に収まる画期的な製品として、順調に量産を開始しました。なお、「GMシリーズ」に採用された減速機技術は、産業用ロボットの関節を制御する精密減速機RVの開発にも繋がりました。
 1996年には中国、2008年にはタイに生産拠点を設立し、海外展開を推進し、パワーショベル用走行ユニットの世界シェア30%を有するに至りました。2015年には東芝機械より油圧機器部門ハイエストコーポレーションを買収し、製品ラインアップの拡充と油圧システム技術の強化を図っています。

1937年
防衛用航空機向けの油圧ポンプなどを生産(旧ナブコ)
1949年
油圧機器の製造、販売を開始(旧ナブコ)
1961年
垂井工場開設。油圧機器製造開始、油圧機器事業へ進出(旧帝人製機)
1970年
西神戸工場(現西神工場)を開設(油圧機および空気圧機器の製造)(旧ナブコ)
1977年
走行ユニット「GMシリーズ」の量産開始。その減速機技術がその後の産業用ロボット向け精密減速機RVの源流となる。(旧帝人製機)
1996年
中国に合弁会社上海帝人製機有限公司を設立(現上海工場)(旧帝人製機)
2008年
タイに「Nabtesco Power Contorol Co., Ltd.」を設立
2015年
東芝機械株式会社より油圧機器部門ハイエストコーポレーションを買収

MAIN PRODUCTS

  • クローラー用走行ユニット

    パワーショベル走行用油圧ユニットを始め、クローラー
    ドリル、クローラークレーン、高所作業車などのクローラー、
    およびホイール走行用油圧ユニットとして使用されています。

  • ミニショベル用コントロールバルブ

    ミニショベル専用に開発されたセクショナルタイプ(多連型)のコントロールバルブ。ショベルの動作制御をはじめ、さまざまなニーズに対応します。コンパクトさと、多機能性、充実したラインアップが評価され、高い国内シェアを有しています。

社会に役立つナブテスコ 油圧機器

ナブテスコグループの
成長戦略

冊子版PDFのダウンロード
TOP