開示方針

統合レポートについて

 ナブテスコグループは、2014年度より従来のアニュアルレポートとCSR報告書を統合し、「インテグレイテッド・レポート」として発行しています。
 経営戦略や事業概況をはじめ、経営体制や財務状況、そしてCSRへの取り組みについても解説を行い、持続的な成長を目指す当社グループの取り組みをより多面的にステークホルダーの皆さまにご報告するレポートとしています。

報告対象範囲

ナブテスコ株式会社ならびに連結子会社
●非財務データについては原則としてナブテスコ株式会社を対象範囲とし、一部の取り組み内容には国内外グループ企業の実績も含みます。
●本レポートにおいて適用されているスコープ、バウンダリーまたは測定方法における前回の報告からの大幅な変更はありません。

報告対象期間

2014年4月1日~2015年3月31日
(一部期間外の情報も含みます。)

報告書発行日

2015年9月(年1回発行/前回発行日:2014年9月)

業績データについて

当社は2015度より決算日を3月31日から12月31日に変更しました。本レポートにおける2015年度業績予想(「2015年12月期計画」または「2015(計画)」)の記載は、当社および日本国内連結子会社につきましては9カ月間(2015年4月~12月)、海外連結子会社については12カ月間(2015年1月~12月)を対象期間とした予想数値としています。
 また、「2015年3月期実績」に対して、次年度も同条件で比較を行うため、比較対象期間を同期間(当社および国内外連結子会社12カ月間ベース)に置き換え、「2015年12月期計画(参考値)」として業績数値を算出しています。

将来見通しに関する注意事項

本レポートに記載されている将来の計画数値、施策など見通しに関する内容は、現在入手可能な情報から当社が現時点で合理的であるとした判断および仮定に基づいて算定されています。従って、実際の業績は、内外主要市場の経済状況や為替相場の変動などさまざまな重要な要素により、記載の見通しとは大きく異なる可能性があります。

サステナビリティ情報に関する参考ガイドライン

●GRI(Global Reporting Initiative)「持続可能性報告ガイドライン(第4版)」
●ISO26000(組織の社会的責任に関する国際的ガイダンス)

外部イニシアティブへの参画と外部評価

NetWork Japan WE SUPPORT ナブテスコは2014年4月に国連グローバル・コンパクトの趣旨に賛同して参加を表明し、
CSR経営を推進しています。

FTSF4Good ナブテスコグループのCSRの取り組みは国際的に高く評価されており、「Dow Jones Sustainability Asia/Pacific Indices」「FTSE4Good」「MSCI GlobalSustainability Indexes」の組入銘柄として採用されています。また、2014年1月にはJPX日経インデックス400の構成銘柄に選定されています。

開示方針

冊子版PDFのダウンロード
TOP