環境マネジメント

環境方針

ナブテスコグループは、持続可能な社会の実現に向けて、ナブテスコグループの社会的責任を自覚した活動を推進するため、『環境理念』、『環境行動指針』(2005年5月制定)を定めています。

ナブテスコグループの環境理念・環境行動指針

ナブテスコグループの環境理念

  • 私たちは事業活動による地球環境への影響を常に認識し、人と自然にやさしい商品と環境づくりに努め、豊かで快適な未来社会の実現を目指します。

ナブテスコグループの環境行動指針

  • 地球環境保全は人類共通の重要課題と認識し、環境保全活動成果の向上を目指した目標の設定と継続的な改善への取り組みを、全員参加により積極的に推進します。
  • 商品の企画・開発・設計にあたっては、そのライフサイクルにおける環境への影響を把握し、エネルギー効率、省資源、リサイクル性の向上に努めます。
  • 商品の生産・販売・物流・サービスにおいては、環境先進技術を積極的に採用し、また工夫することにより、省エネルギー、資源の有効利用、ゼロ・エミッションへの挑戦など、環境負荷の低減に努めます。
  • 環境関連の法規制や社会的規範等を順守するとともに、必要に応じて自主管理基準を設定し、環境上の目的に合った自主的な活動に取り組みます。
  • 環境情報の開示や社会活動への参画など、社会との交流・連携を積極的に推進し、理解と信頼を得ることに努めます。

推進体制

ESH管理組織
ESH管理組織
ESH(Environment, Safety & Health )管理に関する社長直轄の推進機関として、ナブテスコグループ全体を管轄するグループESH委員会を設置しています。
 グループESH委員会の委員長および委員は社長によって役員から任命されます。同委員会は、年一回以上開催するものとし、事務局は環境安全部が担当します。
 グループESH委員会は、気候変動に係るリスク、機会を含めた環境・安全・健康に関する重要な情報を収集し、重要性の評価および重要と評価された事案への対策について審議しています。審議結果において事業に重要な影響を及ぼすと考えられる事案については、ナブテスコの最高議決機関である経営会議に報告され、事業戦略決定に反映されます。

ESH監査

グループESH委員長は、全事業所を巡回してESH監査を行い、活動状況の確認と指導を行っています。年度末には、この監査結果やフォロー状況を含めたESH活動の成果報告に基づいて、グループ経営層によるESHマネジメントシステムの見直しが行われます。

2014年度のESH監査実績 2014年度のESH監査実績

環境マネジメントシステム

ナブテスコグループは、国際規格I S O14001を環境管理に有効なツールとして捉え、環境マネジメントシステムの構築・運用に活用しています。このISO14001の認証は、1999年10月に甲南工場が先行取得したのを皮切りに、現在はナブテスコ全工場と主なグループ会社5社が取得をしています。
 ナブテスコグループでは、グループ間のベクトルを合わせ、情報の共有化および協調活動を推進していくことにより、グループ全体の活動の一貫性を維持し、効果的なパフォーマンスの達成を実現していくとともに、エコロジーとエコノミーが融合した持続性のある仕組みの定着化を目指しています

ISO14001認証取得状況 ISO14001認証取得状況

環境教育・啓発


省エネ委員会
ナブテスコグループでは、環境・安全・健康についての意識高揚を図るため、さまざまな教育を実施しています。新入社員教育では、当社の環境への取り組み内容、パフォーマンスを示し、一人ひとりの小さな積み重ねが、環境負荷低減への大きな力となることを説いています。
 また、各事業所のESH担当管理職、担当者を対象に、ESH研修会および省エネ委員会等を開催、最新のESH情報や重要な法改正情報の周知徹底を図っています。

研修受講者数(単位:人) 研修受講者数
※ 対象者:ESH担当管理職、担当者

トピックス

2014年度は管理職および省エネ担当者向けに、「省エネ工場見学会」と題してパナソニックデバイスSUNX竜野株式会社(竜野工場)を見学し省エネについての認識を深めました。

環境に関する法令違反

ナブテスコグループでは、事業活動に関連して適用される法規制の特定と文書化を行い、法令違反発生を防止するために定期的な順守確認を行っています。2014年度においては、環境に関する法令違反はありませんでした。また、環境規制への違反に対する罰金、制裁処置等もありませんでした。

ナブテスコグループの
成長戦略を支える基盤

冊子版PDFのダウンロード
TOP