財務概況

損益の状況

2015年3月期における世界経済は、成長率の鈍化が継続する中国経済で市場別に濃淡が生じたほか、東南アジア諸国が停滞するなど、新興国経済で力強さを欠く展開が認められた一方で、欧州経済が緩やかな回復に転じたほか、堅調な雇用情勢や個人消費などから米国経済が相対的に好調に推移し、全体としては緩やかな回復基調となりました。
 日本経済は、政府の経済政策や日本銀行による金融政策、円安による輸出環境の改善などを背景に企業収益が上向くなかで、設備投資が増加するなど回復傾向が持続しました。
 このような中、当社グループでは、油圧機器事業において売上高が減少したほか、商用車用機器事業が横ばいとなりましたが、精密減速機事業、鉄道車両用機器事業、船用機器事業、包装機事業での売上拡大に加え、自動ドア事業、航空機器事業での為替効果を受けて、連結の売上高は219,657百万円と前年同期比17,365百万円(8.6%)の増収となりました。
 営業利益は23,615百万円と前年同期比3,522百万円(17.5%)の増益となり、売上高営業利益率は前年同期比0.9ポイント上昇し、10.8%となりました。
 営業外収益は持分法による投資利益の減少により前期比679百万円減少の3,963百万円、営業外費用は支払利息等の減少により前期比123百万円減少の385百万円となり、その結果、経常利益は27,193百万円と前年同期比2,966百万円(12.2%)の増益となりました。
 特別利益では、固定資産売却益等の減少により、24百万円と前年同期比318百万円の減少となりました。特別損失では、退職給付制度改定損等が当期は発生しなかったことにより、191百万円と前年同期比856百万円の減少となりました。
 以上の結果、税金等調整前当期純利益は27,026百万円と前年同期比3,504百万円の増益となりました。また、1株当たり当期純利益は140.24円となりました。

バランスシートの状況

資産
当期末の総資産は245,992百万円と前期末比12,007百万円の増加となりました。主な増加要因は、現金および預金の増加8,431百万円、受取手形および売掛金の増加4,275百万円、投資有価証券の増加4,246百万円および棚卸資産の増加2,931百万円、主な減少要因は、有価証券の減少10,999百万円であり、流動資産は139,321百万円、固定資産は106,670百万円となりました。

負債
当期末の負債合計は87,327百万円と前期末比7,185百万円の減少となりました。主な増加要因は支払手形および買掛金の増加2,342百万円および繰延税金負債の増加1,988百万円でした。一方、主な減少要因は、1年内返済予定の長期借入金の減少10,034百万円および未払法人税等の減少1,196百万円であり、流動負債は64,830百万円、固定負債は22,497百万円となりました。

純資産
当期末の純資産合計は158,664百万円、自己資本は149,862百万円と前期末比18,818百万円の増加となりました。主な増加要因は、当期純利益17,746百万円による利益剰余金の増加、在外子会社の為替変動による為替換算調整勘定の増加3,656百万円およびその他有価証券評価差額金の増加1,663百万円です。一方、主な減少要因は、剰余金の配当5,088百万円です。以上の結果、自己資本比率は60.9%と前年同期比4.9ポイント上昇し、1株当たり純資産額は1,184.17円となりました。なお、ROEは前期比0.4ポイント上昇し12.6%、ROAは同0.5ポイント上昇の7.4%となりました。

キャッシュ・フロー

当期末における現金および現金同等物は、営業活動により獲得した資金19,949百万円を主に長期借入金の返済、設備投資、配当金の支払等に充てた結果、50,455百万円と前期末比2,597百万円の減少となりました。

営業活動によるキャッシュ・フロー
営業活動によるキャッシュ・フローは、19,949百万円の資金の増加となりました。増加要因は主に税引前当期純利益によるものです。一方、減少要因は主に法人税等の支払によるものです。

投資活動によるキャッシュ・フロー
投資活動によるキャッシュ・フローは、7,880百万円の資金の減少となりました。これは主に有形固定資産の取得によるものです。

財務活動によるキャッシュ・フロー
財務活動によるキャッシュ・フローは、15,888百万円の資金の減少となりました。減少要因は主に長期借入金の返済、配当金の支払によるものです。

設備投資
国内においては自動化などの新製品対応設備および設備更新、海外においては業務効率向上のための設備更新を中心に設備投資を行いグループ全体で6,918百万円の設備投資(有形固定資産および無形固定資産への投資)を実施しました。

財務情報

冊子版PDFのダウンロード
TOP