IR情報株主・投資家の皆さまへ

ESG(環境・社会・ガバナンス)

投資家の皆さまが特に必要とされる非財務 (ESG情報) を抽出し、ご紹介します。

ESG関連の最新の活動内容はこちら
(CSRトピックスへ)

E:環境

環境方針

ナブテスコグループは、持続可能な社会の実現に向けて、ナブテスコグループの社会的責任を自覚した活動を推進するため、『環境理念』、『環境行動指針』(2005年5月制定)を定めています。

ナブテスコグループの環境理念・環境行動指針

ナブテスコグループの環境理念

  • 私たちは事業活動による地球環境への影響を常に認識し、人と自然にやさしい商品と環境づくりに努め、豊かで快適な未来社会の実現を目指します。

ナブテスコグループの環境行動指針

  • 地球環境保全は人類共通の重要課題と認識し、環境保全活動成果の向上を目指した目標の設定と継続的な改善への取り組みを、全員参加により積極的に推進します。
  • 商品の企画・開発・設計にあたっては、そのライフサイクルにおける環境への影響を把握し、エネルギー効率、省資源、リサイクル性の向上に努めます。
  • 商品の生産・販売・物流・サービスにおいては、環境先進技術を積極的に採用し、また工夫することにより、省エネルギー、資源の有効利用、ゼロ・エミッションへの挑戦など、環境負荷の低減に努めます。
  • 環境関連の法規制や社会的規範等を順守するとともに、必要に応じて自主管理基準を設定し、環境上の目的に合った自主的な活動に取り組みます。
  • 環境情報の開示や社会活動への参画など、社会との交流・連携を積極的に推進し、理解と信頼を得ることに努めます。

S: 社会

地域・社会への配慮に関する方針

ナブテスコグループでは2005年に「企業理念」と「ナブテスコグループ企業倫理綱領」を制定しました。このうち、企業倫理綱領において、当社グループ社員は、よき企業市民として、自ら社会貢献活動に取り組むこと、また国内はもとより海外においても、活動拠点の法令・文化・慣習を尊重し、地域の発展に貢献することを宣言しています。

「地産地消」の生産体制確立による地域経済発展への寄与に加え、次世代の育成等を目的に、地域の教育現場との交流や環境教育プロジェクトを推進しており、共存共栄を図りつつ、地域の発展への貢献に取り組んでいます。

  • 地域・社会への配慮に関する方針
  • 地域・社会への配慮に関する方針
  • 地域・社会への配慮に関する方針

G: ガバナンス

コーポレート・ガバナンスの状況

  • グループ会社の事業内容、事業特性に鑑み、意思決定の迅速化と業務執行責任の明確化を目的として執行役員制・カンパニー制を採用するとともに、これを統制する企業統治体制として取締役会、監査役(会)、会計監査人および業務執行上の重要事項を審議する機関としてマネジメント・コミッティを置いており、経営上の意思決定、監督、執行および経営監視の機能を明確に区分しています。
  • なお、マネジメント・コミッティには常勤監査役も出席し、重要な取締役会付議案件は事前に審査論点を整理した上で取締役会に上程することで、取締役会における意思決定の適正化および効率化を図っています。 現在、ナブテスコの取締役会は3名の社外取締役を含む10名で構成しています。また、取締役の経営責任の明確化を図るため、取締役の任期は定款で1年と定めています。さらに、取締役会の諮問機関として社外役員2名を含む3名からなる指名委員会および報酬委員会を設置し、常勤取締役および執行役員の処遇の大綱ならびにその運用について審議し、適正化に資しています。
  • ナブテスコの監査役会は、3名の社外監査役を含め5名で構成しています。さらにグループ会社の監査役を含めたグループ監査役会を設置し、グループ監査体制の強化を図っています。 これらの体制を整備、強化することにより、業務執行の迅速化および機動性を維持しつつ、企業統治体制の強化と責任の明確化を図り、ナブテスコグループの企業価値向上に資する効率的かつ透明性の高い企業経営を実現いたします。
  • 取締役会における
    社外取締役
    (2016年3月24日現在)

    2名 / 10名

  • 監査役会における
    社外監査役
    (2016年3月24日現在)

    3名 / 5名