CSR社会貢献について

人権方針

ナブテスコグループ人権方針

ナブテスコ株式会社およびそのグループ会社(以下総称して「ナブテスコグループ」という。)のすべての役員・社員が人権尊重の取り組みを実践するため、次のとおり「ナブテスコグループ人権方針」を定めます。

1.他の規程・方針との関係

本方針は、「ナブテスコグループ倫理規範」を「ナブテスコグループCSR調達方針」と共に補完するものです。

2.人権の尊重に関する国際規範

ナブテスコグループは、国際連合の「国際人権章典」および国際労働機関(ILO)の「労働における基本的原則および権利に関するILO宣言」などの人権に関する国際規範を尊重し、国際連合の「ビジネスと人権に関する指導原則」などの国際的なガイドラインに沿って人権尊重の取り組みを行います。

3.人権を尊重する責任

ナブテスコグループは、事業活動のあらゆる面において人権を尊重します。人種・信条・性別・年齢・社会的身分・国籍・民族・宗教・障がい・性的指向などによる差別や、個人の尊厳を損なう行為を許容しません。また、各国の人権・労働に関する法令を遵守するとともに、安全・安心を確保し、人権侵害を防止するよう取組みます。児童労働・強制労働は行わず、また、これらを利用しません。

4.人権デュー・ディリジェンス

ナブテスコグループは、人権デュー・ディリジェンスのプロセスを通じて、人権への影響を特定して評価するとともに、人権リスクを軽減するよう努めます。ナブテスコグループは、人権への影響や人権リスクに効果的に対処するため、継続的に人権デュー・ディリジェンスの実施方法・効果について検証します。

5.ステークホルダーとの人権課題へ向けた取り組み

ナブテスコグループのお客さま、サプライヤーなどのビジネスパートナーにも本方針が理解されるよう努めます。

ナブテスコグループのすべての役員・社員の人権を尊重し、雇用・評価などにおいて差別を行わず、公正さを確保するとともに、安全な労働環境を整備します。

本方針をはじめとする人権尊重の取り組みについて、株主・投資家に適切に発信するように努めます。

ナブテスコグループが事業を行う上で地域社会の人々に影響を及ぼす可能性があることを理解し、人権リスクの把握に努めます。

6.報告・開示

ナブテスコグループの人権尊重の取り組みは、統合報告等で適切に情報公開を行います。

7.救済・是正

ナブテスコグループの事業活動が直接的または間接的に及ぼした人権侵害を認識した場合、速やかに人権侵害からの救済措置および人権侵害に対する是正に取り組みます。

8.導入・浸透・教育

本方針が適切に理解され、事業活動の中に浸透するよう、ナブテスコグループのすべての役員・社員等に教育や研修を行います。

以上